9/26旧優生保護法裁判学習会

旧優生保護法

 旧優生保護法により強制的に不妊手術を受けさせられたとして、静岡県内のろう女性宮川辰子 (みやかわたつこ・仮名)さんの代理人である旧優生保護法被害静岡県弁護団が2019年1月29日(火)に静岡地裁に提訴しました。これまでに合計4回の裁判が開かれました。
 人の体を傷つけ、人としての尊厳を奪ったこの手術がなぜ行われてきたのか、問題点は何なのかを共に考え、全国の裁判の様子なども理解する学習会を下記のとおり開催します。ぜひご参加ください。
 応援シンボルカラーであるピンク色の小物(シャツ、ネクタイやブレスレットなど)を身につけてお越しください。(こちらでもピンクのリボンを用意します)

日 時:2020年9月26日(土)13:00~16:00
会 場:シズウエル7階 703会議室
内 容:学習、報告(調査委員会、弁護団)
定 員:100名
参加費:300円(資料代・当日徴収)
情報保障:手話通訳・要約筆記あり
申込締切:9月13日(日)

学習会案内

旧優生保護法
優生保護法訴訟東京地裁判決に対する静岡弁護団声明

6月30日東京地裁での優生保護法訴訟判決を受け、それに対する声明が静岡弁護団から出されました。下記ペ …

旧優生保護法
【延期】7月3日第5回強制不妊裁判

これまで4回開催してきた旧優生保護法による強制不妊手術裁判の第5回期日は、当協会会報「聴障しずおか」 …

事務局
第70回静岡県ろうあ者大会中止

 令和2年6月28日(日)に開催予定であった第70回静岡県ろうあ者大会は新型コロナウイルス感染症拡大 …