7/15(金)強制不妊手術裁判傍聴に参加しよう!

旧優生保護法

旧優生保護法により強制的に不妊手術を受けさせられたとして、静岡県内のろう女性宮川辰子 (みやかわたつこ・仮名)さんの代理人である旧優生保護法被害静岡県弁護団が2019年1月29日(火)に静岡地裁に提訴しました。
この第11回裁判(口頭弁論)が2022年7月15日(金)に開催されます。

また、この裁判では当協会事務局の小倉・前田が法廷で証言します。

全国的にも注目されているこの裁判を応援するため、ぜひ傍聴しましょう!
多くの方のご参加をお願いします。

当日は応援シンボルカラーであるピンク色の小物(シャツ、ネクタイやブレスレットなど)を身につけてお越しください。

旧優生保護法
2/24(金)デモ行進に参加しよう!

2019年から始まった宮川辰子さん(仮名)の旧優生保護法裁判の判決が、2月24日に出されます。全国的 …

旧優生保護法
10.25全国集会への参加呼びかけ、協賛金(カンパ)のお願い

優生保護法問題の全面解決をめざす全国連絡会(優生連)・優生手術被害者の会・全国優生保護法被害弁護団の …

旧優生保護法
優生保護法問題の全面解決をめざす10.25全国集会

「・・・不良な子孫の出生を防止する・・・」優生保護法第1条(目的) 障害のある人たちが、この法律によ …